企画展「おかえり!はやぶさ2」特別講演会

ページ番号1001361  更新日 令和2年10月17日 印刷 

小惑星探査機「はやぶさ2」をテーマにした特別講演会を行います

空宙博では、令和2年度企画展「おかえり!はやぶさ2」の開催に合わせて、特別講演会を開催します。
2020年に帰還する小惑星探査機「はやぶさ2」の成果や、日本の惑星探査のこれからをテーマに専門家が講演を行います。
この機会にぜひ、お聞きください。

なお、企画展「おかえり!はやぶさ2」については、下記の詳細ページをご覧ください。

(注)新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、参加者の皆様には、手指消毒、マスクの着用をお願いします。
また、感染症の動向により、内容の変更や開催中止になる場合があります。決定次第ホームページでご案内しますので、お出掛け前に必ずご確認ください。

(1)小惑星探査機「はやぶさ2」の成果と今後の探査計画(仮)

イオンエンジン開発の経験談や、「はやぶさ」、「はやぶさ2」探査による成果、将来の探査計画を紹介します。

日時
令和2年10月24日(土曜日)
午後1時30分から午後2時45分
講師
国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)
宇宙教育センター
清水 幸夫 氏
対象
小学校高学年以上(小学生は保護者同伴)
会場
空宙博1階 シアタールーム
定員
70名(事前申込が必要)

(2)日本のこれからの惑星探査:次の世代につなぐ宇宙科学の最前線

MMX(火星衛星探査計画)を中心に日本の惑星探査の最前線を紹介します。

(注)当日は、新型コロナウイルス感染症予防のため、リモート講演会となります。
シアタールームにて、インターネット回線を使用してご聴講していただきます。

日時
令和2年11月14日(土曜日)
午後1時30分から午後2時45分
講師
国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)
宇宙科学研究所 教授
臼井 寛裕 氏
対象
小学校高学年以上(小学生は保護者同伴)
会場
空宙博1階 シアタールーム
定員
70名(事前申込が必要)

(3)太陽系の謎を探れ!~「はやぶさ」「はやぶさ2」の挑戦~(仮)

深宇宙探査における「はやぶさ」、「はやぶさ2」の意義を紹介します。

日時
令和2年12月26日(土曜日)
午後1時30分から午後2時45分
講師
佐賀県立宇宙科学館 館長
渡辺 勝巳 氏
対象
小学校高学年以上(小学生は保護者同伴)
会場
空宙博1階 シアタールーム
定員
70名(事前申込が必要)

(4)Hayabusa2 Returns~「はやぶさ2」が還ってきた~(仮)

「はやぶさ2」プロジェクトにおける民間企業の参加事例を紹介します。

日時
令和3年1月11日(月曜日・祝日)
午後1時30分から午後2時45分
講師
元NEC航空宇宙システム
小笠原 雅弘 氏
対象
小学校高学年以上(小学生は保護者同伴)
会場
空宙博1階 シアタールーム
定員
70名(事前申込が必要)

(5)HAYABUSAにかけた想い

映像制作を通じて見えてきた研究者たちの苦悩と「はやぶさ2」に関するエピソードを紹介します。

日時
令和3年1月23日(土曜日)
午後1時30分から午後2時45分
講師
有限会社 ライブ
監督・CGアーティスト
上坂 浩光 氏
対象
小学校高学年以上(小学生は保護者同伴)
会場
空宙博1階 シアタールーム
定員
70名(事前申込が必要)
(注)講演会に事前申込をされた方は、当日、上坂監督作品の映画上映会(午前の回)の事前予約ができます。講演会申込の際に、参加希望の有無を記載ください。

企画展開催中は、上坂監督作品の映画上映を行います。
上映スケジュールは、下記の企画展詳細ページをご覧ください。

事前申込について

下記添付ファイルの「はやぶさ2展講演会 申込用紙」に必要事項を記入していただくか、メール本文に

  • 参加を希望する講演会名(1月23日講演会に参加希望の場合は、映画上映(午前の回)参加の有無を記載)
  • 参加者全員の氏名・年齢
  • 代表者の連絡先、住所(市町村まで)

を記載して、ファクス(058-386-9912)またはメール(sorahaku@sorahaku.net)で空宙博までお申し込みください。
なお、メールの場合は、件名を「はやぶさ2展講演会申込」としてください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。