「はくちょう」紙飛行機製作教室

ページ番号1001626  更新日 令和4年9月24日 印刷 

「はくちょう」と「飛行艇」の共通点を探してみよう

「はくちょう」紙飛行機製作教室の写真

空宙博では、企画展「空とぶ船UF-XS展―荒波をこえる飛行艇のはじまり―」の開催に合わせて、特別教室を開催します。
この教室では、「白鳥」の形をした紙飛行機の製作と飛行実験をします。
水鳥のように、空を飛んだり水面に着水する飛行艇には共通点があるのか、探ってみましょう。

日時

令和4年10月1日(土曜日)

  1. 午前11時から午後0時15分
  2. 午後1時30分から午後2時45分
会場
1階オリエンテーションルーム
講師
空宙博学芸課職員
対象
小学生から中学生まで(小学1・2年は保護者の付き添いが必要)
参加費
無料(別途入館料が必要です)
定員
各回20名
申込
事前申込が必要です(先着順)
下記の「空宙博予約サイト」からお申込ください
(注)イベント開催日の1カ月前から開始します
  • いただいた個人情報は本事業以外の目的には使用しません
  • 参加確定メールを自動送信します
  • 迷惑メールフィルターを設定している場合は @sorahaku.revn.jpからのメールを受信できるように設定の変更をお願いします


「飛行艇」をテーマにした企画展を開催

企画展では、「UF-XS実験飛行艇」に焦点をあて、開発経緯や荒波をこえるための「3つの工夫」といった特徴を当時の資料や飛行艇模型などとともに紹介します。
また、UF-XS実験飛行艇に関する講演会や、飛行艇シルエットクイズなどのイベントも同時開催します。
詳しくは、下記のページをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。