空宙博(そらはく)利用説明会(2022春・夏)

ページ番号1000917  更新日 令和4年7月1日 印刷 

校外学習などで当館の利用を検討されている学校団体向けの説明会です

空宙博では、学校団体を対象にした博物館利用に関する説明会を開催しています。
校外学習などで来館したときの空宙博の活用方法を紹介しています。

セミナー、館内見学

春の説明会

 

令和4年 4月4日(月曜日)、4月5日(火曜日) (注)終了しました

  • 午前の部:午前10時30分から12時(受付は午前10時から午前10時30分まで)
  • 午後の部:午後1時30分から午後3時(受付は午後1時から午後1時30分まで)
  • オンライン:午後4時から午後4時45分(ZOOMによるオンラインで開催。15分前から入室可能。)
夏の説明会

令和4年 7月27日(水曜日)、7月28日(木曜日)、7月29日(金曜日)

※7月29日(金曜日)は、自由見学のみとなります。

令和4年 8月24日(水曜日)、8月25日(木曜日)

 

内容
  • 博物館を活用した教育プログラムの紹介
  • 教育プログラム(紙飛行機教室、プログラミングロボット教室、セミナー)の体験
  • 航空・宇宙ガイドツアー
  • 館内自由見学
場所 
1階 オリエンテーションルームなど
入館料
無料(受付で所属のわかるものを提示ください)
持ち物
  • 学習プログラムのお持ち帰りを希望される方は、大きめのトートバックや紙袋
その他
  • 旅費は所属学校で負担ください。
  • 「岐阜県教育委員会のふるさと教育事業」で来館予定の学校は、空宙博に予約ください。(教育委員会への報告では予約できません。)

申込

下記の「空宙博予約サイト」から申込ください。

追記

・いただいた個人情報は、本事業以外の目的には使用しません。

・参加確定メールを自動送信します。

・迷惑メールフィルターを設定している場合は、@sorahaku.revn.jpからのメールを受信できるように設定の変更をお願いします。

セミナーの内容を公開しています

 岐阜県の航空宇宙産業や各務原飛行場の歴史などを紹介します。社会科見学の事前学習や総合学習、社会科の授業などで活用ください。

岐阜県の航空機産業の始まり
1917年に各務原に飛行場ができ、飛行機の製造や運用についての研究開発が行われるようになり、
この地に航空機産業が根付き、そして大きく発展しました。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。